2021年9月06日

靴紐の結び方(通し方)「ボウタイ」

靴紐の結び方(通し方)「ボウタイ」

「ボウタイ」という靴紐の結び方(通し方)をご紹介します。

クロスした紐がボウタイ(蝶ネクタイ)のように見え、甲の圧迫感が少ないことが特徴の結び方です。

革靴やスニーカーの紐のアレンジとして参考にしてください。

靴紐の「ボウタイ」の結び方(通し方)

「ボウタイ」の特徴

  • 表を通るクロスさせた紐がボウタイのように見える
  • 表を通す時はクロスさせ、裏を通るときは縦に通すため、甲の当たりが軽減される
  • 紐の消費量が少ないので、やや紐が長くなる

「ボウタイ」の特徴

以下の靴におすすめの結び方です。

靴の種類 おすすめ度
革靴 ★★★★★
レザースニーカー ★★★★★
スニーカー ★★★★★

「ボウタイ」の手順

「ボウタイ」で結ぶとこのようになります。

「ボウタイ」の手順

結ぶ時のポイント

  • クロスする部分は鳩目の裏→表に通す
  • クロスした後は縦方向に裏から通す

「ボウタイ」を結ぶ時のポイント

  • 鳩目の数が奇数の時は裏から通し始め、偶数の時は表から通し始めます

「ボウタイ」を結ぶ時のポイント2

手順

動画でも解説しています。

 

1:左右の一番目の鳩目に裏から通す。
2:左右とも、一番目の鳩目から、二番目の鳩目に表からクロスさせて通す。

「ボウタイ」の手順1~2

3:左右とも、二番目の鳩目から、三番目の鳩目に裏から縦に通す。
4:左右とも、三番目の鳩目から、四番目の鳩目に表からクロスさせて通す。

「ボウタイ」の手順3~4

5:左右とも、四番目の鳩目から、五番目の鳩目に裏から縦に通す。
6:そのまま一番上の鳩目まで縦に通す。

「ボウタイ」の手順5~6

最後に:その他の靴紐の結び方はこちら

動画で解説!革靴の紐の通し方まとめ【基本から応用まで】

靴紐の甲が高い人の結び方(通し方)【甲の当たりが解消!】

カカトが浮く時の靴紐の結び方「ダブルアイレット」【動くカカトを固定!】 

通し方(応用)